HYIP (ハイプ) とは? | 一般社団法人 金融リテラシー協会

HYIP (ハイプ) とは?

2020年3月30日
「HYIP (ハイプ) 」とは「High Yield Investment Program」の略で、日本語では「高利回り案件」や「高収益プログラム」と訳され、資産を増やすための投資先と理解されています。

HYIPでは「日利1%」や「月利40%」というものもあります。銀行金利が年利0.1%ほどしかないこの時代では、想像もできない数字です。

これまでもHYIPは存在しましたが、暗号資産(仮想通貨)の普及とともに一気に広まっています。
暗号資産(仮想通貨)が多くの「億り人」を生みだしたという事実から、普通では考えられない利回りが可能だと思ってしまいやすいことが大きな要因です。

更新日: 2020-03-30