更新日:2019-06-18 年金老後2000万円金融庁

年金だけでは老後は生きられず2000万の蓄えが必要

著者画像
WRITER 安達先大行
監事
これからの日本を背負う子どもたちに「金融教育」を行う取り組みが始まろうとしています。 先進国の中でも株、為替、投資商品など金融に関する情報を読み解く力「金融リテラシー」が格段に低いことに対する対策を、国が教育カリキュラムへの導入という形でようやく取ろうとしているのです。
年金だけでは老後は生きられず2000万の蓄えが必要

年金だけでは老後は生きられず2000万の蓄えが必要

『年金だけでは老後は生きられず2000万の蓄えが必要』との金融庁の発表から連日国会やテレビを賑わせておりますが、これは一部だけを切り取った偏向報道に近いと思います。
ただし、年金だけで暮らせるなんて思ってる国民は少ないでしょう!
それどころか2,000万では全然足らないと考えているのではないでしょうか。リンクするテキスト

どうすれば良いのか

どうすれば良いのかの問いに、専門家?評論家?の答えは正しい投資をしてください!
具体的に?の問いにもあやふや回答です??

正しい投資って??

貯金?株?金?投信?不動産?そもそも正しい選択が出来る知識を持ち合わせてる人がどれだけいるのでしょうか??

よく耳にするパターン

銀行マン、証券マン、保険マンに勧められ金融商品に手を出した人は、その人が感じが良くとてもいい人だからと口にします。
他にも信頼できる人からの話だからもよく耳にしますね??

ここで問いたいのが、
そもそも良い人から買うことと、自分のお金が増えることは、全く関係ないのでは??

日本人のお金のリテラシーが低いと言われる原因は、金融商品についてほとんど理解してないからで、投資詐欺に遭うのも同じです。

正しい判断ができるようになるには、正しい情報を教えてくれるところで学ぶしかないのです。