更新日:2020-02-20

投資詐欺や違法勧誘に注意!

著者画像
WRITER 安達先大行
監事
これからの日本を背負う子どもたちに「金融教育」を行う取り組みが始まろうとしています。 先進国の中でも株、為替、投資商品など金融に関する情報を読み解く力「金融リテラシー」が格段に低いことに対する対策を、国が教育カリキュラムへの導入という形でようやく取ろうとしているのです。
投資詐欺や違法勧誘に注意!

投資詐欺や違法勧誘に注意!

昨日の記事です!

中日新聞朝刊
無許可で投資助言疑い 浜松の男3人逮捕

中日新聞夕刊
無許可で投資助言 容疑者は、サッカー元U18代表候補

近年目立つのがSNSを悪用してお金や人を集める手法が横行しております。
最大の問題点は、どこの誰かもわからない人間が不特定多数からお金を集めている事と詐欺と立証することがなかなか難しいという現実です。
詐欺でも立証できなければ、詐欺にはなりません。
摘発されているのは氷山の一角だと認識してください。

【SNS投資詐欺の手口】
捏造データを公開(動画もあるので信じてしまう)

お金やビットコインをあげると宣伝しフォロワーを増やす(本当に貰った人はいるのか?)

無登録FX業者を紹介(報酬目的)

お金を入れるだけで自動でお金が増える(主にミラートレードやバイナリーオプション)

ほんとにお金が増えている!

追加入金

気付いたら残高0円(スプレッド拡大して強制ロスカット)

わかりやすい記事がありますので参考に
LINE、Twitter、Instagram、YouTube等で信者をつくるのが彼らの第一歩。
そのために取引履歴を偽装するなどして、『勝ち組』を装う。
偽造口座を晒す理由は、XMなど無登録業者のPipsバック狙いや違法なMAM(コピートレード)への入金を促すため。
気をつけましょう。
SNS上に増殖する[偽トレーダーの手口]を暴く!取引履歴の改ざんツールも配布!