更新日:2020-10-10

金融用語解説_円高・円安とは

金融用語解説_円高・円安とは

金融用語解説_円高・円安とは

金融リテラシー向上のため、知るぽるとサイトの金融用語解説をベースに「あ行」から順にお伝えしています。
補足説明が必要と思われる箇所には追記していきます。

今回は、円高・円安とは

円高とは、円の他通貨に対する相対的価値、言い換えると、円1単位で交換できる他通貨の単位数が相対的に多い状態のことです。
円安とは、円の他通貨に対する相対的価値(円1単位で交換できる他通貨の単位数)が相対的に少ない状態のことです。

例えば、旅先の米国で買い物をするため、手持ちの1万円をUSDに両替するとします。
為替相場が1USD=100円であれば、1万を100で割った100$になります。
もし、為替相場が1USD=80円であれば、1万を80で割った125USDになり、また、1USD=125円であれば、1万を125で割った80USDになります。
これらを比べると、1USD=80円の場合は、1USD=100円の場合と比べて、同じ金額の円についてより多くのドルを取得できるので、円高ということになります。
逆に、1USD=125円の場合は、1USD=100円の場合と比べて、同じ金額の円より少ないUSDしか取得できないので、円安ということになります。

知るぽると金融用語解説_円高・円安とは

金融用語解説_円高・円安とは

外国の通貨(ドルなど)の価値に比べて円の価値が高くなることが「円高」、反対に低くなることが「円安」である。

例えば、円相場が1ドル=100円から1ドル=90円になれば、円の価値が上昇したことになるので「円高」と呼ばれ、1ドル=110円となれば、「円安」と呼ばれる。

円高、円安は政治的経済的要因によって外国為替市場における円への需給が変化することで生じる。円高では輸入品が安くなり、物価を下げる効果があるが、円高が続けば輸出産業は苦しくなる。

戦後日本は長い間1ドル=360円の固定為替相場制であったが、1973年以降は変動為替相場制となった。過去最大の円高としては2011年10月31日の1ドル=75円32銭がある。

金融用語解説_円高・円安とは